一生に一度の結婚式で花嫁さんの美しさを
最大限に引き出すお手伝いをしています!

この仕事の魅力・やりがい

ブライダルヘアメイクのアシスタントとして、結婚式当日の花嫁さんのヘアメイク、ボディメイク、ヘアメイクリハーサルで決めたアクセサリーの着用、新郎様の着付けなどの場面で、お客様をサポートするのが私の仕事です。結婚式はおふたりにとって一生に一度の大切な日。「花嫁さんを綺麗にする!」という強い気持ちで、1つ1つの結婚式に臨んでいます。先輩担当者と一緒に花嫁さんに1日付き添い、ずっと美しい状態を保てるようメイクの手直しなどを行うのもアシスタントの大切な役割。毎回緊張しますが、結婚式が無事に終わり「いい1日でした」「あなたに担当してもらえてよかった」と笑顔で帰ってもらえた時、この仕事の喜びを感じますね。

式当日、おふたりを笑顔にするサポートをしています

今の仕事との出会い・きっかけ

私自身、メイクをすることで自分に自信が持てるようになった経験から、コンプレックスを抱えている人に「自信を持って欲しい」、「明るくなって欲しい」という想いで、メイクの仕事を志しました。学校ではヘアメイクだけでなく、エステやドレスのフィッティング、栄養学やヨガまで、美容にまつわることを幅広く学びました。それが今、花嫁さんの魅力を引き出し、もっとも綺麗な状態に仕上げる上でとても役に立っています。入学前は、メイクの技術を活かせるほかの仕事にも興味があったのですが、学校での実践的かつ多彩な学びが、結婚式や舞台、サロンでのヘアメイクと、幅広く活躍できるヘアメイクアーティストとしての道につながっています。

今の仕事との出会い・きっかけ

花嫁さんの魅力を最大限に引き出すメイクを提案します

私の学生時代!

高校生の時にメイクを学べる学校はほとんど見学に行きました。中でも、名古屋ウェディング&フラワー・ビューティ学院で見たエアブラシメイクの仕上がりの美しさに驚き、「この学校でメイクのことを学びたい!」と思い、入学を決意。ブライダル業界で活躍しているプロの先生から直に現場で役に立つ技術や知識を学ぶことができるなど、実践的な学びが充実しているだけでなく、やる気があれば実際のプロの現場に出てヘアメイクを施すチャンスが掴めるのもこの学校の魅力でしたね。私は自ら先生にお願いして、舞台や成人式のヘアメイクを担当させてもらいました。実際の現場でヘアメイクを施したこの経験は、現在の仕事にも活かされています。

私の学生時代!

花嫁さんの魅力を最大限に引き出すメイクを提案します

國立 彩花さん

株式会社マリエ勤務
トータルビューティ科 2015年3月卒

國立 彩花さん
岐阜県立東濃実業高等学校出身

DINAIR(R) 公式日本代表認定講師が在籍する同校で見たエアブラシメイクのきめの細かさに驚き、入学を決意。自身がヘアメイクアシスタントを担当する花嫁さんには「結婚式の1日を安心して過ごして欲しい」、「花嫁さんの人生の中で1番輝ける1日をヘアメイクの力で作り上げたい」という想いを持つ。現在はアシスタントを卒業して主担当になれるよう、技術を磨き、努力する日々。「ティアラをつけた瞬間、花嫁さんの表情が変わるのを目にしたり、感謝の言葉をいただけたり…。経験を重ねるほどに、ますますこの仕事が好きになりますね

家族のように寄り添った提案を。
結婚式後も長く付き合えるプランナーでありたいです!

この仕事の魅力・やりがい

初めてご来館された際のご案内〜打ち合わせ〜結婚式当日と、最初から最後まで、一貫してお客様の結婚式をサポートしています。結婚式はおふたりにとってもご家族にとっても、とても大切なもの。そんな結婚式を信頼して任せていただけることが、この仕事の魅力だと思っています。お客様とお話をする中で、「今後も三宅さんに手伝ってもらえるんですか?」と言っていただけると、「頼りにしてくださっているんだ」と感じられ、本当に嬉しくなりますね。打ち合わせの数時間で信頼関係を築くことは簡単ではありませんが、お客様の雰囲気に合わせて、お一人おひとりに喜んでいただける「接客&提案」をしていきたいと思っています。

第一印象はとても大切。笑顔での接客を心がけています

私の学生時代!

心に残っているのは、授業の一環で行う「6回の模擬結婚式&披露宴と、2回の本物の結婚式&披露宴」。“本物の結婚式”をプロデュースする中では、「こんなことが不安なんだ」と新郎新婦さんの本音を知ることもでき、現場を深く理解することができました。今でも忘れられないのが、私がメインプランナー役を務めた模擬結婚式。ガーデンセレモニーにも関わらず、当日はなんと雨!それでも皆で協力し、無事に乗り越えられた時は本当に感動しました。イレギュラー対応を学べたこの経験は、現在の仕事にも活かされています。模擬結婚式には高校生もゲスト役として参加できるので、結婚式に興味のある人はきっと勉強になると思います!

私の学生時代!

年上のお客様も多いので言葉遣いなども意識しています

これからかなえたい夢・目標

目指すのは「結婚式後も長く付き合えるプランナー」。今の職場はゲストハウスなので、ホテルやレストランに比べて結婚式後にお客様と関わる機会は少ないのですが、クリスマスパーティを開催した際などに担当したお客様が戻ってきてくれると感激します。また、ハネムーンのお写真を送ってくださる方もいて、幸せそうな様子を見ると私も幸せな気持ちになりますね。「長く付き合えるプランナー」になるために心がけているのは、すべてのお客様に対して家族や友人のように親身になって向き合うこと。型通りではなく、おふたりの個性を盛り込んだワクワクできる結婚式にするため、お客様の内面にまで深く寄り添ったプランづくりをしていきたいです。

これからかなえたい夢・目標

深くまでヒアリングし、お客様の個性を掴んでいます

三宅 璃久さん

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
(ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館)勤務

ブライダルビジネス科ウェディングプランナーコース 2016年3月卒

三宅 璃久さん
愛知県立春日井商業高等学校出身

親族の結婚式への参加をきっかけに、結婚式に関わる仕事に興味を持った三宅さん。高校時代の結婚式場でのアルバイトを通して“特別な1日”をつくるウェディングプランナーの魅力を知り、目指すことを決意。同校のオープンキャンパスには計7回参加。高校生の話も真剣に聞いてくれる先生や先輩の親身な対応に惹かれ、入学を決めた。「在学時は“体験する、一歩踏み出してみる”をモットーに、模擬結婚式のメインプランナーなどの役割に積極的に立候補していました」。